吉田羊ドリカム級に歌上手いわけは?所属事務所は現在どこ?

2020年5月17日

吉田羊の歌唱力は半端ないというのが定評になってしまった。

ポカリスウェットのCMで歌った「揺れる思い」が話題となりアーティストとのコラボにまで発展した吉田のボーカルはあのドリカムをも凌駕するともっぱらの評判だ。

歌も良し、演技も良しの吉田羊だが2018年にこれまで在籍していた事務所を辞めていることが判明した。なぜだろう?彼女を取り巻く環境や彼女本人の心境に一体どんな変化が起きたのか?

そして現在所属する事務所はどんなところなのか?今が旬の人気女優だけに動向が気になるよね。

調べてみたら、な、なんと意外な真実が隠れていたのですよ、これが。

詳しく知りたい貴方、慌てずにゆっくりご覧下さいよ、ね?続きをどーぞ。

吉田羊のエンターテイメント性

冒頭に記した歌唱力の凄さは折り紙付きだ。

アーティストとの共演では、JUJUやドリカムとコラボしてステージに上がるなど歌手顔負けの活動をしている。上手いなーと思うのは歌そのものだけじゃない。飛び入りサープライズ的な演出で観客を狂喜させるすべを知っているのだ。さすがは舞台出身の役者だけあってライブでの立ち回りは見事の一言に尽きる。うーん、脱帽!

世間に歌が上手いことをアピールしたのはCMが始まりだが、しっかり契約料を貰ってなおかつ歌唱力も周知させる商売上手。ZARDのナンバーでポップスOKよ、みたいなアピールがエネオスでドリカムとCM共演するまでにつなげたことは見事というほかないが、それもこれも抜群の歌唱力のあってこその賜物じゃないか。

「吉田羊 ポカリ 画像」の画像検索結果
唄うCMが話題となった吉田羊
出典:cinra.net

そんなわけで演技も歌も高い評価の吉田羊だが、事務所の立ち回りもあっての活躍であることは言うまでもなかろう。しかし吉田は永年所属していた芸能事務所「オランク」を2018年で止めてしまう。

一体なぜだ?調査の結果、芸能事務所を鞍替えしたんじゃなく、なんと独立を果たしたのだった。

吉田羊の決意

芸能人は売れてくると事務所に稼ぎを取られるをのが惜しくて独立を果たすひとが多いようだ。

確かに実力が備わったタレントさんは独立しても安定した人気が根底にあるから不安は無いと思われることも多い。しかし、吉田羊の決意はそうした収入面の理由からではなかった。

それはズバリ「海外進出」だ。彼女のエンターテイメント性は海外で活躍しても決しておかしくはないレベルといえる。だって、ドリカム級に歌は上手いし、舞台俳優として培われた演技力とライブ度胸があれば香港や台湾、韓国は勿論のことハリウッドも夢じゃないと思えちゃう。

現在、事務所に所属せず独立したのも吉田羊が単身で海外にチャレンジしやすいように身軽になりたかったことが理由のようだ。

決心の裏には

新たなステージにチャレンジを決めた背景には、おそらく失恋があったと推察する。

ジャニーズ中島裕翔との破局はまだ記憶に新しいところだ。もともと歳の差問題はあったようだがこうした超えるべき幾つかのハードルを越えることは残念ながら出来なかったようだ。

吉田羊がHey! Say! JUMP中島裕翔との熱愛交際疑惑完全否定! 自宅7連泊 ...
さすがに20歳差の中島裕翔とはゴールインしなかった
出典:geitopi.com

頼みの綱的存在だった、笑点司会の春風亭昇太も先ごろ結婚してしまった。

吉田と昇太の関係はいまいち定かではないが気が合ったことは確かなようだ。吉田羊はかつてこのようなコメントをしたことがある。

「誰も貰ってくれないときは(春風亭昇太に)お願いするかもしれない」と。嗚呼、なんという皮肉な結末!このコメントが冗談であったことを祈りたい。

かくして吉田羊は結婚の道を諦め、生きる道しるべを海外活動に切り替えたのだった。

私にはドリカムをしのぐ歌唱力もある。部隊演劇はお手のものだし映画も出たい。私を袖にした男たちを見返してやるわ、覚えていなさいよ!(これは想像の世界です。フィクションです。海外進出の野望までが本当なので恋愛絡みのところは筆者の妄想と笑ってお許しくださいな。)

ってなわけで、夢の矛先が海外進出に向いた人気女優吉田羊を応援して下さいね。

おすすめ記事:川口春奈の髪型にする美容院へのオーダー法

おすすめ記事:松嶋菜々子の自宅は逗子から広尾。現在は?

おすすめ記事:長澤まさみ舞台は浜松?キングダム衣装奇抜

おすすめ記事:深田恭子CM減でもインスタ3姉妹で巻き返し

おすすめ記事:常盤貴子京都ドラマ染みる。レスリーチャン

まとめ

ドリカムみたいに歌が上手い吉田羊は演技も抜群のエンターテイメント性を持つ人気女優だ。

今が旬な吉田だが何故か所属事務所を離れて独立してしまった。その理由は海外進出。色んなオファーに対して単身トライするほうが身軽で良いというのが理由らしい。

でもその決意の裏には失恋と結婚への諦めがあったのでは、と推察するのである。

天は二物を与えずというじゃないか。恋愛や結婚を夢見るより役者人生がお似合いさ。どうせやるならハリウッド!とことんトライしやるだけやるさ。だってそれが吉田羊だから。