福山雅治鵜の木マンションいつから?嫁との馴れ初めと今後は

50代を迎えてもなお、人気の衰えを知らない福山雅治だが、かつて上京したての頃は川崎市のアパートを拠点に芸能活動を始めたらしい。

その後、運命が好転して「鵜の木」に引っ越すことになったのだが、この鵜の木という場所から福山の人生が変わるほどのヒット曲が生まれたわけだ。その引っ越しの時期とはいつ頃なのか?

そして引っ越しとほぼ同時期に、現在の嫁である吹石一恵との馴れ初めが生まれているのだから何とも不思議な巡り合わせの季節ではないか。

ラブソングメーカー福山雅治が、自らの運命の人と巡り合った時のエピソードはどんなだったのだろうか?

更には、50代を迎えた今、福山雅治を取り巻く環境と嫁との関係はいかに?

希代のモテ男福山雅治の輝いていた過去と、ちょっぴり心配な現在のことなど書きしたためて、未来を予想してみたいと思う。

鵜の木は福山雅治のラッキーゾーン

有名人はよく自分が成功を収めた場所を、ラッキーゾーンとか相性の良い土地だとか言っているね。

スポーツの世界じゃ、どこのオリンピックで優勝したとか語った後で、自分にとってのラッキーエリアみたいなことを言っているのをよく聞く。

福山雅治にとって「鵜の木」はまさにラッキーゾーンだ。

鵜の木の住みやすさ・治安を歩いて調査してきた【親しみやすい街】 | 東京23区住みやすさランキング
鵜の木は閑静で穏やかな街だ
出典:chintaibest.com

そこは東京都大田区にある鵜の木駅周辺のこと。彼はこの場所にあるマンションに住んでいた。

もっと以前、上京したての頃には川崎にいたのだが、江口洋介主演のドラマ「ひとつ屋根の下」で江口の弟役を演じて大ヒットしたことによりお給料が上がり、都内に引っ越しか可能となった為「鵜の木」に移住してきたのだった。

それだから、そもそも運気が上がった勢いの引っ越し先ということで良い場所を引き当てたのかもしれない。

この場所で見つけた憩いの場所(桜坂)にインスピレーションを受けたのだろう。福山はいつかここをテーマにした歌を作りたい、そう念じて企画を温めていたのだ。やっぱ、才能ある人は違うね。普通なら見過ごしてしまいがちな場所を有名スポットにまでしちゃうわけだからね。

この(桜坂)って曲は、人気テレビ番組「ウンナンのホントコ!」の中でさらに人気があるコーナー「未来日記」で曲を依頼され、コーナーの企画内容が(桜坂)にマッチしたことで採用された経緯がある。

この「未来日記」は、一般人の男女が番組企画で出逢い、筋書きのない展開で本当の恋に発展してゆく斬新なコーナーだったから、見る人はハラハラドキドキして目が離せない。最後には感動してもらい泣きまでしちゃったから視聴者の反響はもの凄かったのを思い出す。

今から約15年前、ウンナンのホントコゆう番組内に「未来日記」ゆうコーナーがあったけど…の巻 | 第伍章「あっそう、ふ~ん!!」
未来日記の桜坂シーン
出典:ameblo.jp

ここで現れたのが桜坂にある赤い橋。桜が満開の橋の上で最終回のプロポーズ。そしてバックに流れる桜坂。

はっきりした視聴率は覚えていないが相当高い数字だったようだ。だって筆者の周りの人みんなが桜坂の赤い橋を知っていたくらいだからね。桜坂も桜橋も、すべて福山雅治が有名スポットにしたのには恐れ入った。

この曲(桜坂)は福山の15枚目のシングルであり、2000年4月26日に発売された代表作だ。

奇しくもちょうどこの頃、現在の嫁である吹石一恵との馴れ初めがあったのは何とも不思議な因果に思えてならない。

現在でも語り継がれるヒット曲(桜坂)の誕生と同時に、運命の伴侶と巡り合った奇跡。

2000年から2001年にかけて出逢った二人は、このとき福山雅治31歳、吹石一恵18歳だから13歳の歳の差があったわけだ。

馴れ初めのエピソード

福山雅治は当時すでに俳優としてアーティストとして脂の乗り切った超有名人で超モテ男だった。

対する吹石一恵は、中学生のころから俳優養成所に通い13歳で映画デビューも果たしてはいたが、いまだ高校生であり福山の恋愛対象には幼過ぎたようだ。

福山雅治と吹石一恵の馴れ初めは長年の片思いだった!子供の性別や名前は?|Beauty Mom-Log
若き頃の福山と吹石一恵
出典;beauty-mommy.com

馴れ初めは雑誌「an・an」における吹石一恵の高校卒業写真を福山が撮影する企画だった。マルチな才能がある福山雅治ならではのオファーだが、女子高校生相手に不謹慎にも大胆なコメントをしている。

「狙った色気じゃない無防備さにかなりぐっと来ちゃいましたよ。10代特有のアンバランスさっていうんでしょうか?」普通の男が吐いた言葉なら即座にキモイと返されるところだ。

しかし、色男の福山雅治が言うと名言になってしまうから怖い。しかも言われた相手も容認しているのだ。

なぜ容認しているのがわかるかって?だってその後の吹石一恵はことあるごとに自身が福山ファンであると公言しているのだから言わずもがなだ。

この馴れ初め時のエピソードがある。写真撮影中の二人の会話だ。

吹石いわく「どうすればお芝居が上手になるんですかね?」

福山が返す「先ずお芝居を好きになればいいんじゃない?」

このとき吹石は頭から冷水をかけられたような衝撃をうけたという。なんで?馬鹿なの?当たり前のことじゃん。そう言いたい福山ファンの女子は大勢いるだろう。分かる!わかるよ。

高校生と言えどもかなり鈍感な吹石一恵というべきか、はたまた憧れのスタア福山雅治のおっしゃるお言葉は金言以上の価値なのか?

いずれにせよ、吹石一恵の片思いが根底にあるエピソードだといえよう。それがまさかの未来の嫁とはこのとき福山自身想像もしなかっただろう。

10年後の熱愛

月日は過ぎ去りあっという間に10年が経った。

そんな2011年の暮れのこと、週刊誌のスクープにより福山と吹石の熱愛が発覚したのだった。これにはみんな驚いたね。一体いつの間に?

まさか過去10年のあいだずっと交際していたわけでもないだろうが、マスコミも誰も二人の交際については寝耳に水の出来事だったのである。福山雅治の水面下の私生活が巧みすぎる。凄いの一言!

隠し事が上手いのか?でも、福山雅治ほどの二枚目でも吹石以外の女性と浮気の話は出てこないのだ。

本当に本当の真面目人間が福山雅治なのかもしれない。

そんな福山と吹石は2015年に結婚発表した。と、いきなり福山ファンの女性陣たちから嘆きと悲しみの嵐が巻き起こった。俗にいう「福山ロス」事件。福山が所属する芸能事務所アミューズの株価が大暴落してしまった。

その損失額は40億円にのぼったという。そしてその後、よせばいいのに吹石一恵が出産し3カ月後に仕事復帰したから巷は大炎上だ。「福山の嫁なら彼をサポートしろ。」「家で黙って家事をしなさい。」とかひどい言われようだ。

結果として、吹石一恵は福山雅治にふさわしくないといいたいのだろう。熱狂的な古参の福山ファンなら言いかねないことだ。

しかし不思議なのはこうしたファンの心情だ。

福山雅治の嫁の座はひとつだけである。どんなに昔からファンで居続けても嫁の座にエントリーしたわけじゃない。当たるはずもないジャンボ宝くじの一等だって、くじを買った人は紛れもなく一等を獲得するためのエントリーだけは果たしている。

しかし、どれほど福山雅治の嫁を口汚くののしろうとも、嫁の座にエントリーすることさえ叶わないファンの悲哀を考えると哀れで涙さえ誘うのだ。

現在の福山を取り巻く環境

福山雅治の所属する事務所アミューズは、ファンサービスの一環として、歌と踊りのステージを若手俳優に任せて行っておりその反響も凄い。アミューズの資金源のひとつと言っていいほどだ。

福山雅治はこのステージに上がることはない。彼ももはや50代を迎え、事務所内では大番頭のような存在なのである。だから表立った活動からは徐々に手を引いてプロデュースする側にまわりたいのが本音だろう。

しかし、昨今重大な事件が起きた。若手のナンバーワン俳優佐藤健がアミューズを脱退するという。しかも神木隆之介まで一緒だ。一体何があったのか?

福山雅治、佐藤健と“男の約束”『るろうに剣心』で「龍馬伝」以来の競演! | cinemacafe.net
るろうに剣心で息の合う福山と佐藤
出典:cinemacafe.net

真相は、アミューズ俳優部門担当の取締役が退社することで内部が割れたお家騒動のようなのだ。

福山雅治の立場は微妙だ。自らも俳優であり佐藤健の良き相談相手だが、同時にアミューズの管理者側にも位置する中立の存在だと筆者は想像する。

鵜の木のマンションを引き払い、現在の渋谷区にある高級マンションに住めるのもアミューズのおかげなのだ。

事務所を裏切るような行為は出来ないしするつもりもないだろう。今後ますます福山自身の立ち位置は難しい立場のものになる。

30代後半を迎えた嫁の吹石一恵は、お産直後の現場復帰でもわかるように自己顕示欲の強い嫁だ。関西のローカルキャスターなどつとめていたが、この時もあまり福山をサポートしている風には思えなかった。

福山のかつて言っていた「10代特有のアンバランスな魅力」は、吹石一恵には等に存在していない。

輝いていた2000年と比べると、今は試練のときか?夫婦別居はないにせよ、福山雅治の仕事上の孤独感は嫁では埋めきれないだろう。

✎:ポツンと一軒家奈良に尾野真千子父出現

✎:柴咲コウ丁寧な暮らし北海道に家建てる

✎:麻生久美子星野源と夜会で乙女に?

✎:松嶋菜々子の自宅は逗子から広尾。現在は?

エピローグ

東京都大田区鵜の木駅周辺で、かつてアーティスト福山雅治が手掛けた「桜坂」は幸運が幸運を呼んだ形の大ヒット作だった。

ドラマ「ひとつ屋根の下」のヒットで昇給したからこそ鵜の木へ引っ越しできたのであって、連綿と幸せがつながった結果なのだ。その延長線上で、嫁の吹石一恵との馴れ初めがある。

これらの福山黄金期の出来事は、のちの福山の人生の基礎となることばかりだった。

しかし時は流れ、吹石一恵とめでたくゴールインのはずが、福山ファンは大ブーイング。所属事務所アミューズの株価は大暴落してしまう事態となった。

更に時は流れて、現在50代を迎える福山雅治に最大の試練が襲う。モテ男後継者佐藤健の事務所脱退がそれだ。

お家騒動ではあるけれど立ち位置が微妙な福山雅治は今後事務所の運営にどう携わるべきなのか?

頼りの嫁はこうしたことにあまり関心を抱かないのかもしれない。元々有名プロ野球選手の父を持つ吹石はお嬢様育ちだから人生の辛酸など理解しようもないのだ。

結果、福山は孤独の中ひとり闘う日々を送ろうとしている。

順風満帆の人生と思いきや、ここにきて試練を味わうか?福山雅治。

しかし心配は要らない。嫁の座にエントリーすらできない古参の女子ファンが根強く福山を支えてくれるはずだから。福山雅治愛は無償なのだよ。