北川景子宝塚で目撃って?高校は大阪女学院から運命の転校?

2021年3月9日

芸能界で宝塚ファンは案外と多い。

俳優の唐沢寿明や、医者でコメンテーターの西川史子などは熱心な支持者だと聞くが、北川景子は中でも筋金入りとの評判だ。

夫のDaigoと観劇中のところを、何度か目撃したというファンからの情報が、ネットでも確認できるね。

しかし当の目撃された側である北川景子が、宝塚歌劇で逆に目撃しちゃったらしいのだ。一体なんだろう?

そんな北川景子は過去に在学していた名門高校の大阪女学院から、運命に従って転校した経緯があるのだ。

その辺の事情を詳しく探りながら、女優北川景子誕生の秘話をまとめてみたい。

どうぞしばらくの間、本記事とお付き合い願います。

北川景子はお嬢様?

もともと北川景子の実家は、神戸市中央区にあり、宝塚とは目と鼻のさきに位置するエリアだ。

しかし、当時の北川は宝塚に興味を抱いてはおらず、大手企業重役の父親の下、将来は医者になるべく地元の名門高校である大阪女学院に入学し勉学にいそしむ毎日であった。この当時は当然、宝塚歌劇での北川目撃情報は無い。

厳格な父のしつけもあり、家では「お父様」に敬語で受け答えするお嬢様だったようだ。

北川景子の学歴と偏差値:出身校(小学校・中学校・高校・大学)と家族構成 | トレンドニュースどっと東京
頭脳明晰なお嬢様の北川景子
出典:trendnews.tokyo

名門校での成績は常に上位であり、頭脳明晰!医者を目指すだけあって理数系を得意とした。本気で医者になりたかったんだね。凄い!

しかし、天は二物を与えてしまった。それは北川の美貌と抜群のスタイルである。北川景子ほど見目麗しい女性を芸能界がほっておくはずがなかった。モデル事務所が彼女をスカウトし、「ミスSEVENTEEN」でモデルデビューすることになったのだ。

世間からみれば、なるほど当たり前の成り行きだと納得するのだが、当の本人は目指す将来ががらりと変わる矛先だったからさぞや戸惑いがあったのだろうと思いきや、北川本人は至って冷静そのものだったらしい。

それもそのはず。北川景子は母親に連れられて初めて見に行ったのが、この頃の宝塚歌劇団だったのだ。

その中の花組男役トップスターの蘭寿とむに一目ぼれ!え?女性が女性に一目ぼれって?

番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ
北川景子が憧れた蘭寿とむ。納得のオーラだ。
出典:tca-pictures.net

それがまま有り得る世界が宝塚歌劇なのだ。そうした芸能界の魔力がいざなった結果かどうか、断言できないが、北川景子は医者への道を捨てて、芸能活動を本格始動すべく東京のクラーク記念国際高等学校へ転校することとなった。

女優への道へ

しかし、宝塚への憧れならばなぜ宝塚へ入団しなかったのだろうか?

スカウトされた事務所がモデル業とタレント活動を斡旋していたのもあるだろう。同じ芸能活動でも、宝塚とは違い、運命の流れは次第に女優業へと矛先を変えていった。

但し、運命の流れに全てを任せていたわけじゃなさそうだ。北川は、勉学をおろそかにはせず、明治大学商学部へと進み、しっかり学業を修めて卒業している。見た目もクールだが、一本筋の通った男気(?)があるひとなのだよ。

そうして北川は、女優業の登竜門としてお子様向けアクションドラマ「美少女戦士セーラームーン」で華々しくデビューする。共演の女子も複数いたのに、北川景子の美貌とカリスマ性は群を抜いていたのだ。

北川景子さん - うろ覚えライフ。
セーラームーンでは群を抜く美しさだった
出典:brog.goo.ne.jp

いっきにトップスターの仲間入りを果たした北川景子のその後は、今さら語るべくもないが女優としての地位を確固たるものとしたのだった。

話は戻るが、北川が宝塚に入団したければ断固として進路を絞ってもよさそうなものなのだが、宝塚歌劇団は北川景子にとってあくまで憧れの世界。本当に好きなステージを、生活の糧を得る為に本業とはしたくなかったのではないか。プロとなって宝塚に立てば、嫌な所も見えてくる。北川にとって聖地と言える宝塚を、世情にまみれた汚い出来事で汚したくなかったのかもしれない。

その証拠に、北川景子のブログでは大半の話題が宝塚歌劇のことでいっぱいだ。それは今も続いているし、彼女の宝塚での目撃情報はあとを絶たない。この宝塚熱病は一生涯冷めることが無いように感じる。

宝塚で見たものは?

そんなこんなでなりふり構わず、宝塚歌劇鑑賞を周囲に構わず続ける北川なのだが、宝塚歌劇以外にも目撃したものがあるらしい。

もと宝塚スターの真矢みきとは大の仲良しの北川景子。ある日,真矢と連れ立って宝塚歌劇を鑑賞に訪れたのだが、座席の後方でなにやら騒がしいファンがいたようだ。

真矢はそれを咎めはしなかったが、騒々しい連中だと気にはなっていたようだ。その後、北川景子とその様子の話になったとき、北川いわく、「後ろで踊っていた人たち、あれは生きてる人じゃなかったよ。」

ゾッとする話だが、北川景子は微動だにしない。幽霊と解っても毅然としているのだ。

芸能人には霊感体質の人は数多くいるようだが、北川景子も御多分にもれず霊感が強いらしい。でも、人と違うところは恐れないこと。肝が据わっているのだ!ますます男気を感じるではないか!

大阪女学院というお嬢様高校時代から、際立った美貌とクールなたたずまいを見せていた北川景子だから、さぞや同世代の女子にも人気があったに違いない。

今でもショートヘアにバッサリイメチェンしたりするときは、とてもボーイッシュな感じがする。そして持ち前のクールさが増して、ファンは萌え萌えッテしちゃうらしい。男にも女にもモテちゃう女優って得なんじゃないかな。

北川景子の本質

ここまで書くと、さぞや北川景子は芯が強く肝が据わり、男気がある女優って感じに思えちゃうが、地元の大阪女学院の高校時代には父親に絶対の服従を誓うお嬢様だったのだから決して男っぽい訳じゃあない。

しかし彼女の血液型はO型であり、頑固で一途な一面があるようだ。

大好きな宝塚はあくまで憧れの対象として、自身の職業とは一線を引くスタンスを貫いている。それだから、足しげく通う宝塚歌劇で多くのファンから目撃されても一向に動じない。

鉄のように強靭な意思を持っているのかも知れないが、知られざる本質を垣間見るエピソードがあるのだ。

それは夫のDAIGOとふたりに鳴ったとき、存外甘えん坊に変身するらしいのだ。

それを聞いた北川景子ファンは、彼女の意外性に萌え萌えしつつも、それを独占するDAIGOに激しい嫉妬の念を抱くかもしれない。多分、抱くだろう。仕方がない。彼女はもう人妻なのだから。

しかし、芸能人は夢を売るのがなんぼの世界。これ以上、プライベートなのろけ話はご勘弁いただきたい。

筆者も含め、北川景子の男性ファンはこの世に星の数ほどいるのだから。

関連記事:北川景子雑誌で何故ショートカットに?

おすすめ記事:松嶋菜々子の自宅は逗子から広尾。現在は?

おすすめ記事:川口春奈の髪型にする美容院へのオーダー法

エピローグ

関西の名門高校、大阪女学院で医者を目指していたお嬢様が、持って生まれた美貌に喰いつかれ芸能界にデビュー。女優の道に進みつつも、エリート家系(祖父が元総理大臣の)DAIGOと結ばれたのも、血筋の良さを表しているのかもしれない。

しかし、男気があり一本筋の通った気質の持ち主である北川景子は、憧れであった宝塚歌劇団への愛を持ち続け、自身の職業とは別の次元で見守る熱心なファンであった。

多くのファンに目撃されようとも、会場で幽霊に出逢おうとも微動だにしない、強靭な精神の持ち主!

でもプライベートじゃ、旦那にべたつく一人の女だった。可愛いじゃないか!

ファンとしては腹立たしくも、ほほえましくもあり複雑なのだよ。しかし、北川景子ファンをやめようとはみんな思わないだろう。彼女の深い眼差しにかかったら、北川オーラに体が麻痺してしまうのだからね。